ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

ダイエット・健康・介護-2カテゴリの記事一覧

脳の病気は、怖いやね

脳の病気は、怖いやね。脳は、人間の行動思考を司る司令塔やから、脳の病気には、細心の用心が必要や。脳梗塞・脳卒中・くも膜下出血・脳内出血・脳炎・脳腫瘍・アルツハイマー病・髄膜炎・多発性硬化症・ギランバレー症候群・パーキンソン病・神経痛・片頭痛クロイツフェルト・ヤコブ病やらなんやら色々おます。

いろんな脳の病気の中そやけど、脳梗塞がいっちゃん多いやね。脳梗塞とは血管が詰まり血流が止まってしもて、脳の組織が死んでまう事を言おりますわ。高血圧・糖尿病・高コレストロール・高脂血症・喫煙・過度の飲酒やらなんやらが原因で、@動脈硬化やらなんやらによって血管が狭くなり血流を止めてしもたり、A体内の血液をドロドロにして徐々に血の塊をつくり、それが脳の血管を詰まらせのや。

脳梗塞や隠れ脳梗塞やらなんやらの脳の病気にならへんための予防法は、高血圧・糖尿・不整脈やらなんやらはめっかり次第すぐ受診しまひょ 。タバコを止める、アルコール控えめ、 お食事の塩分、脂肪も控えめにしまひょ 。体力に合った運動を続け万病の引き金になる太りすぎに用心しまひょ。

脳梗塞やらなんやら脳の病気に、日頃から気をつける手軽で簡単な方法は、納豆を食べることや。納豆は血中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果があり、納豆の中にはナットーキナーゼちう納豆菌酵素が含まれはるが、これが血液さらさらに役立つさいです。朝食よりは夕食の方が効果的や。わては毎夕食にじぇったい納豆を食べとりまんねん。




RSS関連リンク
脳ドックとは?脳ドックで脳の病気
脳ドックを賢く利用して脳ドックで脳の病気を早期発見するには?脳ドックの賢い利用法とは?脳ドックの効果と利用方法は?

脳の病気
脳の病気サイトです。脳出血や脳梗塞、くも膜下出血、認知症や脳腫瘍まで脳の代表的な病気とその症状をご紹介致します。脳の病気のチェックにお役立て下さい。

脳梗塞などの脳の病気
脳の病気の中でも、脳梗塞が一番多く、脳の血管に異常が起きると、脳梗塞や脳出血などの病気になります。脳梗塞とは脳の血管が詰まり血流が止まってしまい、脳の組織が死んでしまう事を言います。もし脳が一部でも病気になる

きょうび人気の職業は

きょうび人気の職業となっとる整体師について取り上げてんだんや。整体師とは、腰痛や肩こりやらなんやらに悩む人に、西洋医学や外科的な治療やらなんやらを用おらへんで、電気・指圧・温熱・刺激・手技療法を使うて背骨や骨盤やらなんやらの歪みを正しく整えることによって、人がもともと持っとる自然治癒力を高めて、不調を解消させる施術を行う職業をええまんねん。施術方法には特に決められはったもんはなく、その整体師独特のやり方もあって千差万別といった状況や。

どうしたら整体師になれるんでしょうか。整体師になるには特に資格は必要おまへん。普通、医師が行う医療行為とは別に、医業類似行為ちう法律があり、その中に、柔道整復師・鍼灸師・あんま・マッサージ師・指圧師があり、免許がな開業でけしまへんが、整体師は法律上、特に規制はなく、技術さえあればどなたはんでも整体師として開業するっちうことが可能や。

整体師の実際の仕事内容をざっとみてみまひょ。施術者によって違いはおますが、大体次のとおりや。まず最初は、お客のカルテを作り、症状や病歴を記入しまっせ。次に、問診を行ちう、お客が現在抱えとる症状をねちっこく把握し、整体の施術について説明しまっせ。ほんで、続いてお客の体の歪みやズレやらなんやらの状態を触診や整体の検査し、どないな施術を行うか決定しまっせ。施術に当たっては、整体の手技やらなんやらにより、背骨や骨盤やらなんやらの歪み、ずれを矯正し、お客の訴えとる症状を改善させまんねん。

整体師ちう職業は、肉体労働ともいえるもんで、ある程度の体力も必要となる職業や。一日中、お客の身体を手や足で施術してんねんさかい決して楽な仕事やおまへん。そやから、最初、施術に慣れへんうちは疲れを覚えてまうかも知れしまへん。こないな風な場合は、あんまり疲れへんような施術方法をオノレなりに考えて、工夫していく必要が出てきまんねん。




RSS関連リンク
整体学校で整体師を目指す
整体学校・整体スクール選びに悩まれている整体師やカイロプラクティック師を目指される人様々な情報や表に出ない情報までお届けします。

整体を超えた整体 鉄人整
現役の整体師も、これから整体師を目指す方も必見のブログ

スポーツ整体師やスポーツトレーナーを目指す
スポーツ整体の老舗。オリジナルの整体実技であなたも スポーツ整体師、スポーツトレーナーを目指そう

女性特有の「がん」で

女性特有の「がん」でいっちゃん多いのが「子宮がん」や。「子宮がん」には、子宮頸部がんと子宮体部がんがおます。子宮は独立した器官やから、子宮がんは早期に発見したら治癒率がどエライ高い病気や。抗がん剤の効果も上がり、子宮がんはよりどエライ昔ほどこわい病気やおまへん。

症状としては、不正出血があるんや、血性のおりもん、せやなかったら茶色がかったおりもんがあるんや、悪臭のするおりもんがある 、下腹部の痛みや、排尿障害があるちうことがあげられはります。更に進行すると血尿や血便がでたり、子宮内に血液や分泌液がたまって子宮が腫れたりしまっせ。早めに産婦人科を訪ねて検診を受けまひょ。

放射線治療は、T期からWきまでのいずれかのがんに対したかて行われはります。とくに子宮頸がんの大部分を占める扁平上皮がんには放射線が良う効きまんねん。その治療成績は手術療法と大差ないんで初回治療を放射線療法単独で行うこともおます。せやけどダンさん、一般に腺がんでは放射線の効果が劣るさかい、ほとんどが腺がんである子宮体がんでは手術療法がヒイキされはります。

早期発見やったら完全に直るもんやから年にいっぺんぐらいの頻度で定期検診を受けるのが子宮ガン予防のひとつや。子宮頸がんの要因である感染症を防ぐために身体や局部を清潔に保つことも予防対策になるんですわ。生活習慣では禁煙、アルコールの過剰摂取をせん、バランスのとれた食事する、暴飲暴食を避ける、特に食べ物では、繊維質・緑黄色野菜・魚類や、がんを抑える作用がある大豆食品をようけとるようにしまひょ。


RSS関連リンク
子宮がん情報館 ?子宮癌(子宮ガン
子宮がん情報館 ?子宮癌(子宮ガン)の情報提供しています?

子宮ガン克服への道
子宮ガンを心配しているあなたや、 現在子宮ガンで悩んでいる方へ!子宮ガン克服への様々な体験や 子宮ガンにならない様に気をつける事など、 情報満載ブログです。

子宮ガンについて
子宮ガンは女性のガンのうちもっとも頻度が高く、女性のガン全体の約13%にあたります。しかし子宮ガン全体の死亡率は減少傾向にあります。これは、今まで子宮ガンの多くを占めてきた「子宮頚ガン(子宮の入り口にできるガン)」が、検診の普及に
■ 暮らしのガイド(ダイヤリー"風") の表紙へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。