ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

車のカタログは車選びを

カタログ選びをする時には欠かせへんアイテムや。テレビのコマーシャルや街中で見かけて欲しくなりよったについての情報は、ディーラーのカタログ雑誌の試乗インプレッション記事が購入に向けてのええ参考資料となるんですわ。

お目当てのカタログは各取扱店ショールームに行けばタダでもらえまんねん。今はメーカーのホームページからカタログの送付がオーダー出来まんがな、まずはカタログを見てからねきのショールームに実を見に行く、試乗しに行くゆうのもええでっしゃろ。

やまとカタログはごっつうお金をかけた高品質なもんや。もちろんちう高い商品をこーてもらう為に、メーカーはカタログの限られはったページの中で、そのが欲しなるようなアピールをせなならしまへんから、魅力的なセールスコピーや魅力的なイメージ写真を駆使してるんや。

を購入した後は不要になってまうカタログも、あるカーマニアには大事なコレクションとなっとりまんねん。旧や販売台数の少へんかったようなカタログにはプレミア価格がついて取り引きされとると言おるさかいにおったまげやね。貴方のカタログももしかしたらお宝と化すかも知れしまへんよ。


RSS関連リンク
新着人気ブログ・好き。 ・高率アフィリ報酬50%!! ・2005/06/2...
≪≪フォルクスワーゲン T5 マルチバン ビジネス 3.2 V6 新→税込1,659万円≫≫ フォルクスワーゲン T5 マルチバン ビジネス 3 ... : 新購入 オートバイテル・ジャパン 新見積もりや新型試乗レポート、購入に関する最新情報・価格・新カタログなどの情報満載!中古・自動保険・検・カー用品・メルマガに関 ... ≪≪日本 

ブログ名: (テクノラティURL検索 0個のブログから0個のリンク)

スイフトスポーツは、

スイフトスポーツは、スズキ「スイフト」のスポーティバージョンや。ハッチバック型の自動車としてスズキから発売されとる「スイフト」シリーズの月間販売数である約4000台のうちの2割である700台から800台を占める人気モデルや。その理由としてあげられはるのが、スイフトスポーツ・シリーズの約7割がマニュアル車であるちうこと。オートマチック車が大半を占めるやまとの自動車市場の中でも異色を放つ存在や。

新型スイフトスポーツが2007年5月に登場しましたわ。スイフトスポーツがマイナーチェンジされ、2つの大きな改良が加えられはりました。そのひとつがESP機能の標準装備。ESP機能とは、Electronic Stablity Programのことや。ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん、要はエンジンとブレーキをあんじょう制御するっちうことで、車体の安定走行をサポートしまっせ。各タイヤが個別でブレーキ制御がかかるため、特にカーブでの走行時の安定感がアップしましたわ。

ふたつめが、ギア比の変更や。ムカシからのスイフトスポーツは、低燃費を考慮したハイギヤード仕様やったが、その分、パワー不足が問題点としてあげられとったんや。今回のマイナーチェンジでギア比を燃費を考慮した上でのローギヤードに変更し、低回転・高速志向のギアがセッティングされたんですわ。それにより、ムカシからのスイフトスポーツの燃費性を落とさんと弱点やったパワー不足をあんじょう解消しましたわ。

スポーティなエクステリア(外観)も然ることながら、インテリア(外観)も魅力的なトコ満載や。大きめサイズのレカロ仕様シートは、左翼右翼からのサポート性が高く長距離ドライブでも快適や。社内の収納スペースの使いやすさやESP機能、低燃費ローギヤードのギア比は、是非、実際に試乗して、体感してみておくんなはれ。


RSS関連リンク
スイフトスポーツ
スイフトスポーツは、その名のとおり、「スイフト」のスポーツ仕様車のこと。スイフトとは、スズキが販売するハッチバック型自動車のシリーズですが、そのスイフト・シリーズ全体の月間販売数の約2割の販売数を誇る人気モデルが、このスイフトスポーツ。オートマチック仕様の自動車が大半を占める日本自動車市場において

スイフトスポーツの新車情報
スイフトスポーツが期待に答えて登場しました。ご存知スイフトはスズキが販売するリアルスポーツコンパクトカーのコンセプトをもつ本格スポーツカーだ。その、スイフトスポーツの魅力にたっぷりふれてみます。

スイフトスポーツと行く♪
す?さん(スイフトスポーツ)とすけ(本人)のお話です♪す?さん(スイフトスポーツ)とすけ(本人)のお話です♪

名古屋を中心に、営業展開

名古屋を中心に、大阪方面から東京方面まで営業展開してんレンタカーの会社でジャパンレンタカーちう会社がおます。中部地区を中心に約55ヶ所の営業所があり、うち約40ヶ所の営業所が24時間営業をしてんちうことで、いつでも借りれるゆう便器...おっとちゃうわ、便利さがおます。きょうびではカラオケ店や、インターネットカフェやらなんやらも運営して事業拡大してんようや。

レンタカーには、どないな種類の車があるかちうと、乗用車(カローラ、ティーダ、マークU、クラウンやらなんやら)やツーリングワゴン(4WD)としてカローラフィールダー、レガシーツーリングワゴン、レジャーワゴンとしてエスティマやアルファードやらなんやらがおます。また、マイクロバスやワーキングトラックやらなんやらもあり多種多様な車種が揃えられとりまんねん。

ほな、レンタカーの利用料金はどないな風に設定されとるかちうと、車種やグレードによって設定されとりまんねん。またナビやETCが搭載されとる車でも変わってきまんねん。1日(24時間)の利用料を見てみるとカローラクラスで9,000円、ツーリングワゴン系で12,000円、エスティマ系で11,500円〜14,500円となっとりまんねん。

ジャパンレンタカーではちーとばかし変わったカラオケルームのあるカラオケ店も運営してるんや。お座敷ルームや掘りごたつルーム、ボウズ連れでも安心のキッズルームやらなんやらがおます。他にもぷるぷるダイエット機付きルームとか今話題の乗馬フィットネス付きのカラオケルームまなんやし、いろいろな楽しみ方ができるようや。


RSS関連リンク
ジャパンレンタカー
ジャパンレンタカーで車をレンタルして以来、ジャパンレンタカーのファンになりました!レンタカーをするならジャパンレンタカーです!カラオケ、ネットカフェもジャパンレンタカーにあります!
■ 暮らしのガイド(ダイヤリー"風") の表紙へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。