ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

インテリア・寝具カテゴリの記事一覧

イケア(IKEA)は

イケアIKEA)は、スウェーデンのと呼ばれる地方で生まれた大型家具店や。スモーランドちう土地には、厳しい時代を勤勉な人々の努力と工夫で乗り越えてきた歴史がおます。時代は変わったんやが、イケアの価値観は変わってへんねん。そら、生活に余裕のある少数の人のためだけでなく、ようけの人々のためにちうことや。

4月24日にオープンする、スウェーデン発の大手家具販売会社イケアのやまと店舗「IKEA船橋店」。イケアはやまと進出を決めてから、「数百軒のやまとの住宅を訪問し、住人にインタビューを繰り返して、やまと人が望む部屋を探ってきましたのや。撮影した部屋の写真は数千枚に上る」さいです。イケアは今後、このやまと進出第一号店「IKEA船橋」を皮切りに、首都圏や、関西地区に相次いで出店を予定してるんや。

イケアでは、商品価格を決めてから開発を始めることで知られとりまんねん。組み立て式(ノックダウン)を基本とした商品は、配送コストを低く抑えるためにフラットパッケージに梱包されるちうわけや。“キャッシュ&キャリー&ノックダウン方式”により徹底的にコストダウンを図っとるのがイケアの特徴や。最大の特徴的は、何とぬかしてもイケアの買い物方法におます。ふつう従業員が行う商品の在庫確認や運搬の作業を、お客がオノレで行うのや。これによって従業員コストを抑え、家具を安く販売してまんねん。

以上のように、イケアの買い物スタイルはやまと人にはなじみが薄いもんや。いちいち商品のある場所をメモするんは難儀やし、巨大な倉庫のような場所からオノレで商品を探すのも億劫や。オノレで重い家具をレジまで運ぶのも骨が折れるちうわけや。価格が安い代償として、他の国では受け入れられても、やまとでどうかはまだ未知数なんや。イケアもその点を十分承知しとり、顧客がイケアの買い物スタイルに慣れるようわ、特にケツのセルフサービスエリアに人員をあてて顧客のサポートにあてとりまんねん。




RSS関連リンク
ほぼ週刊イケヤ新聞・編集長日記ブログ
極私的メルマガ「ほぼ週刊イケヤ新聞」の編集長イケヤがつれづれなるままにお送りするPhoto&エッセイ。

IKEYA イケヤ 家具情報ナビ
イケヤ家具専門店ならではの品揃えです。日本では、2006年の4月24日に、IKEYAイケヤ再進出第一号店として、IKEYAイケヤ船橋店がオープン。2006年の9月15日に、IKEAイケア港北店(横浜)がIKEAイケア船橋店に続いて、横浜にオープンしました。そんなIKEYAイケヤ

イケヤに行く前に読む!
イケヤに行く前に読む!ではイケヤ フォーミュラー 写真館 文楽館 船橋 ジャパン 横浜 新横浜 港北 地図 カタログ 家具 店 ホームページとイケヤの情報をお届けいたします。
■ 暮らしのガイド(ダイヤリー"風") の表紙へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。