ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

姓名判断とは、人の名前により

姓名判断とは、人の名前により、人の性格や適職、恋愛運、結婚運・家庭運やらなんやら、一般に運勢といわれる事柄について判断を与える占いの一つや。一般的に、人の姓名の字の画数から5つの格数を算出し、それらに基づいて吉凶を占おりますわ。現在も、やまとでは姓名判断は、最もポピュラーな占いの一つとして人気がおます。

やまとでの姓名判断は、いづれも昭和の初期に熊崎氏(熊崎式の開祖)が発表した内容の要約であることが多いようや。熊崎氏はどないして現在の姓名学を構築したかとぬかすと、江戸時代末期に活躍した天才易者の林文嶺と言語学者の永社鷹一の2人が体系化した林永流運命学を元にしたようや。ほんで、その林文嶺は、平安時代に嵯峨天皇の時代に中国から輸入され、鹿島神社で保管されとった文献を元にしたとされとりまんねん。

姓名判断で使用される用語を紹介しまっせ。天格は姓の漢字の画数の総計で、祖先運を表してるんや。人格は姓のケツと名前の最初の合計や。名前の中心にあたる部分で、家庭・仕事・結婚運、20代くらいまでの運勢を表し、主運とも言われはります。地格は名前の合計で、性格・才能・金運・適職、幼年期から中年期までの運勢を表しまっせ。外格は総格から人格を引いた数で、家族・職場やらなんやらの外因的要素、対人関係・社会的環境の運勢を表しまっせ。総格は姓・名前の合計や。総格は人生全体に影響を及ぼし、主に中年期以降を表しまっせ。

姓名判断の流派について紹介しまひょ。姓名判断の理論の基礎的内容は熊崎健翁氏によって広く世に広められはったが、その後には熊崎流とは異なる理論を持つ流派も現れとりまんねん。 熊崎流では漢字の画数を戦前の字体である旧漢字の画数で数える方法を取っており、ようけの姓名判断の流派で採用されとりまんねん。一方で、戦後の字体である新漢字のまんまで画数を数える流派も現れてきとりまんねん。


RSS関連リンク
姓名判断の知識@姓名判断研究会
姓名判断って何?姓名判断のルーツから、姓名判断の歴史、姓名判断の流派、姓名判断による名づけ、無料でできる姓名判断姓名判断との付き合い方まで、姓名判断に関する信頼できる情報をご提供します。

赤ちゃん姓名判断無料【赤ちゃん姓名判断無料】
赤ちゃん姓名判断無料・・・そうなんです!!赤ちゃん姓名判断無料なんです。もう一度いいます赤ちゃん姓名判断無料なんです!!どうも?熱くなってしましました。赤ちゃん姓名判断無料で良い名前を見つけて下さい。

姓名判断で赤ちゃんにステキな名付け【姓名
赤ちゃんの【名付け】はとっても悩みますよね!【姓名判断】のことを知りたい方、【姓名判断】で赤ちゃんに【名付け】を考えている方のお役に立てればいいな!と思っています。ぜひ【姓名判断】で赤ちゃんに最初のステキなプレゼントをしてくださ
■ 暮らしのガイド(ダイヤリー"風") の表紙へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。