ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

セカンドライフを知って

セカンドライフを知ってはりしょうか。老後の生活のことやおまへん。どなたはんでも参加可能な仮想空間のことや。3Dオンラインゲームの一種やけど、そやけどアンタ、決められはったゴールがおまへん。プレイしてんおのおのが、オノレの好きなように勝手なことができるちうワケや。アメリカのゲームやけど、そやけどアンタ祖国語版も作られはりました。

セカンドライフ祖国語版では、いったい何ができるんでしょうか。「セカンドライフ=第2の人生」ちう意味のとおり、まるで住んどるかのようにさまざまなことができまんねん。仲間・建築・売買。なんでもできまんねん。タダで楽しめまっけど、物を作ったり土地を買うには有料参加が条件や。

セカンドライフを起動するためのシステム条件やけど、そやけどアンタ、Pentium III 800MHZ 以上、メモリは 256MB 以上で、OSは、Windows XP (SP2) / 2000 (SP4)で、さらに、32MB RAM以上のビデオカードが必要とされとりまんねん。実際にはWindows VISTAレベルの能力がな思うようには楽しめしまへん。

セカンドライフ」で何がしたいか。ビジネスとしての人気が先行したために、企業看板ばっかりが目立ちまっけど、現実では贅沢となってしもた「心のゆとり」もネット内でやったら手に入れられはります。湖畔の土地をこーて、家を建てて、花をめでるちうわけや。竜を倒すばっかりがゲームではおまへんはずや。ゆったりするんも悪うはあらへんんとちゃいまっか。


RSS関連リンク
セカンドライフ日本語版マガジン マグスル
マグスルはセカンドライフ日本語版に関する情報を提供する Second Life ウェブマガジン MagSL.net を運営しています。

セカンドライフ日本語版
セカンドライフ日本語版が、いよいよやってきました。私たちの生活に、どんな驚きをもたらすのでしょうか。先進国・アメリカの例を見ながら、セカンドライフ日本語版の動向を検証しましょう。

セカンドライフ日本語版
テレビで取り上げれれているので、聞いたことはあるかも知れません。セカンドライフは、エンディングのない仮想空間です。プレイヤーは、自分の思うようにアバターをつかって生活できるのです。日本語版も登場しました。それではこのセカンドライフ日本語版で出来ることはな
■ 暮らしのガイド(ダイヤリー"風") の表紙へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。