ダイヤリーの形式で綴る注目すべき記事

プルデンシャル生命保険と全労済とFX

シーフコイダンとギャバ

みずほ銀行で住宅ローンを

みずほ銀行住宅ローンを組む場合に用心したいんは、まず頭金がどの程度用意できるんかや。また、オノレのライフプランを照らし合わせながらローンをどの程度の期間で返済していくんか。ほんで毎月の返済可能額を算出してシュミレーションをしてみることが必要や。みずほ銀行のホームページに行くと、ローンの返済シュミレーションができよるさかいに、オノレのライフプランをシミュレーションしながら検討しまひょ。昔から頭金は年収の3倍以内といわれとりますが、そないな金額をもとにシュミレーションをしてみんのも悪うはおまへん。

住宅ローンは条件がええ他の金融機関があれば、そこに借り替えることも可能や。みずほ銀行では50万円以上1億円以内(1万円単位)、返済期間は1年以上35年以内(1年単位)、変動金利方式、上限金利設定方式、固定金利選択方式のいずれかを選択、安定した収入のある方、現在返済中の住宅ローン(公的機関、勤務先からの借入れを含む)に延滞等のあらへん方、保証会社の保証を受けられはる方やらなんやら様々な条件がおますが、これ以外にも手数料がかかったりするさかいに、トータルで見た場合、現状維持がええんか借換をしたほうがええんかいっぺん金融機関に相談にいったほうがええでっしゃろ。

住宅ローンの返済方法には毎月元利均等返済、元金均等払いがおます。毎月元利均等返済は全期間の元金と金利を合算して全期間月数で割った金額。全期を通して金額が同じになるちうわけや。元金均等払いは元金を均等に払い続けるもんや。従って最初の返済は金額的に大きいや。せやけどダンさん、年月が過ぎるほど現金が減っていくので徐々に毎月の返済額も減っていきまんねん。また全期間で返済総額を比べると、元金均等払いの方が少のうて済みまんねん。

さて以上のように銀行から住宅ローンを借りる場合、特にほとんどの人が当てはまる超長期(20年以上の返済期間)の場合は、無理の無い返済金額、期間を選択する必要がおます。特に20年先のことやらなんやらだれにもわからしまへん。また、一戸建て住宅を購入するんか、マンションか、賃貸で済ませするんか、そういった根本的なトコから見直す作業も必要や。


RSS関連リンク
みずほ銀行住宅ローン
みずほ銀行住宅ローン みずほ銀行住宅ローンを組む場合に注意したいのは、まず頭金がどの程度用意できるのかです。また、自分のライフプランを照らし合わせながらローンをどの程度の期間で返済していくのか。そして毎月の返済可能額を算出してシュミレーションをしてみることが必要です。みずほ銀行のホームページに行く ... 。 みずほ銀行住宅ローンの金利を考える場合、返済期間、毎回の返済額、自分の生涯プランとの兼ね合いを考える必要があります。そこでみずほ銀行では固定金利方式である一定期間返済し ... 。しかし、金利のコースを選ぶのは金利の趨勢を見ながらですので、素人には難しいかもしれません。 みずほ銀行住宅ローンは返済期間が長くなると金利も変化します

ブログ名: みずほ銀行住宅ローン (テクノラティURL検索 0個のブログから0個のリンク)

■ 暮らしのガイド(ダイヤリー"風") の表紙へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。